ホーム > 製品情報 > 農事用品 > 生産資材・アクセサリー > MS-64BK10

農事用品 Agricultural supplies

NINJAマルチ10m

NINJAマルチ10m

子どもも大人も楽しく家庭菜園!
まるで忍者のように姿を消す、環境に優しい生分解性マルチシート

この製品のご購入はこちらから

NINJAマルチって?

NINJAマルチって?

NINJAマルチは使用後に土にすき込むだけで、分解され自然に返るマルチシートです。従来のマルチシートのように回収や廃棄処分が不要のため、自然に優しく、人にも優しい商品です。
使用方法は従来のポリマルチシートと同様で、作物生育期の雑草対策や地温調節、肥料流出防止に役立ちます。NINJAマルチの生分解速度※1は約4ヶ月のため、芋類や玉ねぎ、トマト、ピーマンの栽培に最適です。
長さ10mの使い切りタイプのため、生分解性マルチシートを試してみたい、とりあえず使ってみたい方にオススメです。シートは水分によって徐々に加水分解され、収穫時期に近づくにつれて細かくなっていきます。収穫後に細かくなったシートを土にすき込むことで、土壌中の微生物により水と炭酸ガスに分解されます。※2

マルチを使う主な作物

ジャガイモ

ジャガイモ
2ー5月植え付け
5ー6月収穫

サツマイモ

サツマイモ
5月植え付け
10ー11月収穫

トマト

トマト
2ー3月種まき
又は4ー5月植え付け
7ー9月収穫

ナス

ナス
2ー3月種まき
又は4ー5月植え付け
6ー10月収穫

ピーマン

ピーマン
2ー3月種まき
又は4ー5月植え付け
6ー10月収穫

玉ネギ

玉ネギ
9月種まき
又は10ー11月植え付け
5ー6月収穫

生分解マルチとは

生分解マルチとは

生分解性プラスチックは、単にプラスチックがバラバラになるだけでなく、土壌中の微生物の働きにより、分子レベルまで分解、最終的に炭酸ガスと水になって自然界に循環していく性質を持っています。「生分解性プラ」の生分解度は、国際的に規定された試験方法と、定められた基準により審査されます。NINJAマルチの原料は、PBAT(ポリブチレンアジペートテレフタレート)とPLA(ポリ乳酸)です。どちらも生分解が可能なプラスチックで、国際試験に合格しています。近年のマイクロプラスチックによる海洋汚染を減らすための「プラごみ削減」の一環として様々な樹脂製品の置き換えが進んでいます。

生分解性プラスチックについて詳しく

過去の試験結果

キャベツ、ホウレンソウの二毛作

2021年2月神奈川県茅ケ崎の畑にて試験開始。葉物野菜の二毛作を行いました

マルチを展開してからの経過

0日

0日:マルチャーを使って展張しました

47日

47日後:収穫前まで問題なくマルチとしての機能を果たしました

収穫後

収穫後:分解が進行しています

すき込み後

すき込み後:トラクターや鍬を使うことでマルチが土中にすきこまれました

NINJAマルチは2021年2月から、神奈川県茅ヶ崎の畑にて二毛作で葉物野菜の栽培を行い、様々な条件での生分解速度の試験を実施しています。60日で急速に生分解し作物栽培中に雑草が生えるなど、様々な試験のもと4ヶ月の生分解速度と展延性の高い0.014mmフィルムの仕様を決定しています。

比較表

NINJAマルチ 他社マルチ(日本製)
厚み 0.014mm 0.018mm
製造ラインに対して
引っ張る方向と強さ
平行 16.6 12.2
直行 15.2 9.3
マルチシートの
引っ張り強さの平均(Mpa)
15.9 10.8
マルチシートの
破断時の伸び率
平行 235 125
直行 350 65
マルチシートの
破断時の伸び率の平均(%)
292.5 95

※試験片サイズ 25mm×200mm、チャック間距離:100mm、引張速度 100mm/分、試験体2個の平均の参考値。

NINJAマルチで考える未来

NINJAマルチで考える未来

NINJAマルチ10mモデルは貸し農園や家庭菜園において、親子で作物を育てる楽しみと同時に、環境問題も同時に考えることができるように開発されました。使い捨てのプラスチックゴミを削減することで、子どもたちが大人になった際にもクリーンで住みやすい地球環境を守りたいという開発者の思いがあります。

よくあるご質問

Q. 生分解性マルチシートのメリットは何ですか?

A. ポリマルチのようにゴミが出ないため、回収作業が不要で時間短縮になり、処分代も不要です。環境負荷の低減に加え、時間短縮などの省力化が可能になります。

Q. NINJAマルチが土中に蓄積され、将来何らかの影響を及ぼすことはありませんか?

A. NINJAマルチは最終的に水と炭酸ガスに分解されます。完全分解されるまでの間は、フィルムは土中に残りますが、絶対量が少なく、また形が小さいため翌年の作物への影響はありません。

畑にすき込んだ後の様子

畑にすき込んだ後の様子

ほうれん草とマルチの残り

ほうれん草とマルチの残り

Q. NINJAマルチは薄いシートですが、すぐに破れませんか。

A. 引張強度試験を行った結果、0.018mm生分解マルチと同等以上の耐久性があることが実証されています。

Q.ポリマルチに比べてしわが目立ちます。

A. 生分解マルチシートの特性上、ポリマルチと比較してしわが目立つ場合がありますが、使用には問題ありません。

製品特徴

10mの生分解性マルチシート

10mの生分解性マルチシート

お試しに丁度いい、長さ10mパッケージタイプで、家庭菜園や貸し農園での使用に最適です。

生分解性のマルチシート

生分解性のマルチシート

自然に返る、環境に優しい生分解マルチシートを通して、こどもと一緒に学べます。

厚み0.014mmの薄手タイプ

厚み0.014mmの薄手タイプ

厚み0.014mmで薄手タイプ。薄手にも関わらず、引張強度が強いため、マルチシート初心者でも安心して展張可能です。

使用実績

東京都、枝豆(2023)

東京都、枝豆(2023)収穫後

収穫後

東京都、枝豆(2023)すきこみ後

すきこみ後

スペック

商品スペック

製品番号 NINJAマルチ 10m
製品名 MS-64BK10
希望小売価格 オープン価格
カラー ブラック
生分解速度 4か月※1
最長保管期間 約2年※2
完全分解期間 約1~3年※2
製品サイズ (約)幅95cm×長さ10m×厚み0.014mm
製品重量 (約)177g
材質 PBAT、PLA
パッケージサイズ 幅18cm×高さ25cm×厚み5mm
製品重量 (約)200g
製品入数 1
JANCODE 4562499671742
  • ※1土に接触した後、急速に分解を開始するまでの期間。
  • ※2気温や畑の条件により変化します。

使用上の注意

  • ◆生分解マルチフィルムについて
  • 本製品は、作物収穫後敷設した状態でトラクターなどで、土を耕していただくことで、小さく破断されます。破断されたフィルムはその後、土の中の菌によって自然分解され、水と炭酸ガスになり、完全に無くなります。
  • 完全に無くなるまでの期間は、畑の日照条件、温度、土壌微生物等環境によって異なりますが1年~3年です。
  • 完全分解されるまでの間は、フィルムは土中に残りますが絶対量が少なく、また形が小さいため翌年の作物への影響はありません。
  • 生分解マルチフィルムの特性上、しわが目立つ場合がありますが使用には問題ありません。
  • ◆使用上の注意事項
  • ・製品の保管は、涼しく乾燥した室内にて、圧力による変形や破損が無いように保管してください。
  • ・最長保管期間に注意し、期限内に使い切ってください。30℃以上の高温、湿度65%以上の環境で保管した場合、使用期限が短くなることがあります。
  • ・最長保管期間を超えて使用された場合は、土壌による分解が早くなり、雑草抑制能力が低下します。
  • ・本製品使用前に畑地を平らに細かく耕し、鋭利な物や突起物を取り除き、砂利の土壌での使用はおこなわないでください。
  • ・本製品を張った後は、できるだけ早く植え付けをしてください。
  • ・農薬やその他腐蝕性物との接触はできるだけ避けてください。
  • ・できるだけ立ち入りを避け、家畜等が侵入しないようにして下さい。
  • ・あられ、霜、干ばつなどの劣悪な気候現象ではマルチが、損傷や裂けが発生する可能性があります。
  • ・マルチフィルムが重なった部分は分解が遅くなります。
  • ・畑の日照条件、温度、土壌微生物等環境は同一ではないので、分解速度には差が生じる事があります。
  • ※サイズ、重量は若干の個体差があります。
  • ※製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • ※製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。

関連するページRelated pages